【目黒の結婚相談所】気を遣う事と言いなりになることは違う

お問い合わせはこちら

ブログ

【目黒の結婚相談所】気を遣う事と言いなりになることは違う

2022/03/24

我慢して言いたいことが言えない関係になっていませんか?

目黒にある結婚相談所、アノー・ド・マリアージュ目黒婚活サロンで活動している会員さんの中には、交際中のお相手に、どうしたいのかを伝えられず、悩んでしまう方もいます

 

 

いいなと想っている方だと、嫌われたくないという気持ちから、相手に合わせてしまうことも

 

 

お相手が、あるデートプランを提案してきて、それが嫌だなと思ったら、お断りしたっていい

だけど、断ったら嫌われるかも

交際終了になってしまうかも

とどうしたらいいのか分からなくなってしまう

 

 

そもそも、結婚相談所は、結婚するお相手を探すところ

 

交際期間には、相手がどんな人なのかを知ることも大切なことです

 

 

もし、そのデートプランが嫌で、お断りした時に(ただ、伝え方はちゃんと考えることが必須)、それで機嫌が悪くなったり、デートがキャンセルになるような人だったら、今後、結婚したとしても、いつも相手の機嫌を伺って、言いたいことも言えず、我慢することになるかもしれません

 

 

どんな人と結婚したいですか?

 

と聞くと、多くの方は、

 

 

話し合える人

意見が違っても寄り添える人

 

 

と答えます

 

 

これは、自分の意見に従って貰う事でもなければ、相手の言いなりになることでもないですよね

 

 

ひとつの提案があった時、それでいいと思えば、そのまま進めていけばいいし、どうしてもその提案は納得できないことであれば、理由もきちんと伝えて、自分はこう思ってる、こうだったらいいと思うけど、あなたはどうかなと、まずは自分から寄り添ってください

 

 

自分の素直な気持ちを伝えることって、案外出来ないものです

 

 

拒否されたら辛いし、嫌われたら怖い

 

 

でも、そこであなた自身が気持ちを伝えていないということは、そもそも寄り添っていないので、相手にそれを求めて、相手が寄り添ってくれようとしても、あなた自身が拒否していることになってしまいます

 

 

特に、結婚相談所での婚活は、結婚をすることを目的としてのお付き合いになります

決して長くはない交際期間の中で、その人と結婚するかどうかを決めていかなければなりません

 

いつもいつも意見が合うなんてことは、どちらかが我慢して合わせている可能性もあります

 

例え意見が違っても、二人にとって納得のいく着地点を見つけていける相手がどうか、あなたの気持ち、思いを聞いてくれる相手かどうか

 

それと共に、あなた自身が、相手の想いに寄り添い、受け入れていける相手かどうか

 

 

わからなくなった時には、仲人型結婚相談所であれば、仲人に相談しましょう

 

フラットな立場で話せる仲人は、気持ちを整理するのには、とてもいい相手です

 

目黒にある結婚相談所、アノー・ド・マリアージュ目黒婚活サロンでは、月1回は無料の面談、LINEや電話でのご相談はいつでも受け付けております

 

今活動している会員さんも、迷った時、どうしていいかわからない時、連絡をくれて、そこから気持ちを整理して、交際をうまく進めてくれています

 

自分だけの気持ちだけで考えてしまうと、その交際はうまく行きません

 

自分がこうしたいなと思うと同時に、相手にも同じようにその想いがあります

 

二人で、見つけていける関係性になると、お相手といることが居心地よくなっていきますよ

 

 

3月1日~3月31日までに入会決めていただいた方には、入会金半額になるキャンペーンを行っています

ひとりの婚活が不安な方、まずは、お気軽にお問い合わせください

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。