【目黒で婚活】交際になっても、お相手を決められないのは

お問い合わせはこちら

ブログ

【東京で婚活】交際になっても、お相手を決められないのは

2021/11/14

決められない理由が何なのか、自分で掴めていますか?

東京目黒にある結婚相談所、アノー・ド・マリアージュ目黒婚活サロンで活動している会員さんの中には、仮交際になっても、真剣交際に進むことを決められなかったり、真剣交際に進んでも、いざ結婚が現実的になってくると決められなくなってしまう方がいます。

 

 

彼女たちに共通していることは、『自分』主体で考えてしまっていること

 

 

婚活は、一人では出来ません。

 

相手がいなければ、お見合いも交際も、結婚も出来ない。

 

結婚に限らず、友人関係、職場での人間関係、家族でも、自分がこうして欲しいと思った事を、相手が100%してくれることはないし、そうでないから、相手の人間性が悪い訳ではないですよね。

 

でも、なぜか、婚活になってしまうと、

 

 

望むことをしてくれない

 

望むことを言ってくれない

 

イメージと違うことをしたり、言われたりした

 

 

というような理由で、相手との交際に後ろ向きな気持ちになってしまう。

 

 

相手も、その方のことを想って一生懸命やってくれていることには、気付けなくなってしまう。

 

『自分』でいっぱいになってしまっているから、相手が見えていないんです。

 

 

違うなと思った時、

 

何が違うのか、何が自分にとって嫌なのか、相手にも伝えてみて、そこから話し合って、それでも合わないなら仕方がありません。

 

『自分』の頭の中で完結してしまうのは、勿体ないです。

 

 

結婚相談所の交際は、一般的に見れば短いです。

3ヶ月で結婚を決めていく方が沢山います。

 

 

それまで全く知らない人で、出逢って1ヶ月で相手の何を知っているのかというと、殆どお互いに知りません。

 

 

相手だって、どんなことをしたら相手が喜ぶのか、探り探りで頑張ってくれています。

 

何年経っても、人なんて知らないことは沢山出てきます。

 

 

友人が、旦那さんがフルーチェを作ってくれるだけど、彼女はフルーチェが好きじゃないそうで、なぜ、旦那さんが友人がフルーチェを好きだと思ったのかは謎ですが、旦那さんは友人に喜んでもらえると思ってフルーチェを作ってるそうです。

 

 

① そこまで好きではないけど、一生懸命作ってくれたから、その行為に喜んで食べるか

 

② 作ってくれたのは嬉しいけど、フルーチェ、実はあまり好きじゃないから、今度からは○○作って欲しいなと伝えるか

 

③ 好みもちゃんと聞かないで、勝手にフルーチェ作って、こいつ何なの?と心の中で否定するか

 

 

①や②は、旦那さんが、自分の為にフルーチェを作ってくれた、その愛情を受け取って、その上でどうするかですが、

③は、自分が好きじゃないものを作ったことに対して否定してしまい、旦那さんの気持ち、想いは全く見ていない。

 

 

最初から、完璧にやれる人じゃなくても、情報を得ていくことで、あなたにとって居心地のいい相手になるかもしれないチャンスを自ら潰さないで欲しいです。

 

自分にも気持ち、想いがあるように、相手にも気持ち、想いがあります。

 

そこを2人にで話しながら、2人でいい関係性を築くことが、成婚に繋がるコツだと思います。

 

 

 

アノー・ド・マリアージュ目黒婚活サロンでは、11月より、「婚活見直しキャンペーン」が始まりました。

 

 

☆ 周りがどんどん結婚していて、焦る

☆ 出来るだけ早く結婚したい

☆ アプリでのメッセージのやり取りがしんどい

☆ 付き合っている彼が、結婚を真剣に考えてくれない

☆ 結婚を、真面目に考えている人と出逢いたい

☆ 一人でやる婚活に先が見えない、疲れた

 

 

一つでも当てはまったら、その婚活見直す時です!!

 

 

あなたが、自分で環境を変えてあげなければ、来年の今頃、また同じ状況かもしれません。

あなたを幸せにしてあげるのは、誰でもなくて、あなた自身なんです!!

 

 

 

アノー・ド・マリアージュ目黒婚活サロンの、サポートで大切にしていることの一つは、いつでも不安な時に寄り添うことです。

 

 

 

入会金1万円OFFになるので、これを機会にぜひ、リスタートしてみてくださいね。

(お友達と一緒に入会されると、プラスの特典があります)

 

 

初回面談は無料なので、詳しいお話聞きたい方は、お問合せフォームより、お気軽にお問合せください。

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。