【東京で婚活】別れをきっかけに婚活を始める際の注意点

お問い合わせはこちら

ブログ

【東京で婚活】別れをきっかけに婚活を始める際の注意点

2021/08/26

過去の人は、幻と思って

東京目黒にある結婚相談所、アノー・ド・マリアージュ目黒婚活サロンで、初回のカウンセリングの際に、婚活を始めようと思ったきっかけを聞くと、

 

元カレと別れたから

 

と答える方が割と多い。

 

 

特に20代後半~30代前半の方は、結婚を意識してお付き合いしていた方との別れだと、次に付き合う人とはと、結婚相談所への入会を検討するんだと思います。

 

それ自体は、良い選択だと思います。

 

 

結婚相談所は、安心して婚活出来、結婚に直結するツールだから

 

 

何しろ、結婚をしたいと思っている人しか基本的には在籍していない訳だから、出逢ってしまえば結婚までの時間は、早いです。

 

問題なのは、婚活を始めて、プロフィールを見てお見合い相手を探している時、お見合い後、交際に発展した後、

 

 

過去の人と比べてしまうこと

 

 

元カレは、こうだった

こういうところが良かった

元カレと比べて、こうだから

 

 

これ、やっていると、誰も良いと思えない。

 

そもそも、元カレは、何かしらの原因があってお別れになったのに、いつまでも、そこをベースにしてしまうと、今目の前にいる人を全く見ていないことになります。

 

 

また、別のパターンでは、

 

こういう人はこうなんだ

 

と過去の人がそうだったことを、全く違う人に重ねてしまう。

これは、相手はいい迷惑です。

 

お仕事柄など、傾向はあるかもしれないけれど、過去の人がどうだったとしても、それが別の人に当てはまるとは限らないのに、最初からその目で相手を見ていることで、そういう所を、自ら必死に探しているみたい。

 

 

過去は、嘘つきです。

そして

未来は、妄想です。

 

 

自分の都合のいい様に過去を、作り上げてしまっていませんか?

本当にその記憶合っていますか?

 

そして、未来はまだ来ていないのに、決めつけて想像することは、もはや妄想

それで一喜一憂して、一人でバタバタしているだけ

 

 

成婚の決まった会員さんが、婚活を始めた頃のカウンセリングで、

 

「B型の公務員だけは、絶対に嫌なんです」

と言いました。

 

その方のお相手は、B型の公務員

 

それくらい、今あなたが掲げている、過去から引っ張ってきた勝手なイメージって当てになりません。

 

 

そこに振り回されて、今目の前にいる人をジャッジしないようにしないと、せっかくのご縁を自ら切り捨てているようなものです。

 

あなたが、今を見ていけるようにサポートしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。