【東京で婚活】結婚相談所での婚活、うまくいかないのは誰のせい?

お問い合わせはこちら

ブログ

【東京で婚活】結婚相談所での婚活、うまくいかないのは誰のせい?

2021/07/22

婚活がうまくいかないことを、何かのせいにしているのは・・・

東京目黒にある結婚相談所、アノー・ド・マリアージュ目黒婚活サロンで活動している会員さんの中には、活動がスムーズに行かないと思っている方もいます。

 

 

結婚相談所のルールとして、プレ交際(仮交際)期間が2ヶ月、真剣交際期間が1ヵ月のトータル3ヶ月があります。

 

 

勿論、それで皆さんが結婚していっているわけではないけれど、

活動がうまくいかないことの一つが、

 

 

決められない

 

 

があります。

 

 

お見合い後、プレ交際(仮交際)に進んだら、なるべく週1~2回会って欲しいと伝えています。

 

 

知らない人と1時間程お見合いして、プレ交際(仮交際)に進んでも、そこから2週間も会わない、連絡も取らない相手に気持ちが動くはずがない!

 

 

職場や学校など、必然的に会う環境で恋に落ちるのは、一目惚れの場合を除き、一緒に時間を過ごすことで、相手の良さを見つけていき、「好き」という感情が出て、

恋愛に発展していきますよね。

 

 

原理は同じ

 

 

会わなければ、相手の良いところも悪いところもわからず、自分の頭の中で、

「こういう人だろう」

と決めつけた印象になってしまいます。

 

 

そして、会わなければ、交際を先に進める選択も、結婚を決めていく選択も出来る訳がありません。

 

 

そうなると、今度は、結婚相談所の3ヶ月ルールについて、そんな期間で決められるわけがないと攻撃になってしまう。

 

攻撃は最大の防御で、プレ交際(仮交際)の2ヶ月に2~4回しか会わないことはどっかへ行ってしまい、2ヶ月で決めるおかしさについて攻撃することで、自分を守る行動出る。

 

 

2ヶ月毎週1回会えば、最低8回、平日も加えていけば、最大16回、電話やメールも2日に1回したとしたら、46回程、相手とのコンタクトが取れます。

 

 

これだけコンタクトを取れば、合うか合わないか、そのお相手と過ごしている自分がどんな気持ちかはわかると思いませんか?

 

 

これが苦痛で出来ないのであれば、お相手として違うという判断をすればいい。

 

勿論、お仕事もある、プライベートもある、婚活だけしてるわけにはいきません。

だからこそ、期限を設けて、その間は、大変だけど頑張って欲しい。

 

自分がやっていないことを、システムや結婚相談所のせいにして自分を守っていても、結局何も得られない。

 

 

結婚したいと思って、お金も払って活動を始めたなら、人生100年と言われている今のたった1年頑張って欲しい。

 

 

その為のサポートはしっかりさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。